2005年02月28日

週刊少年ジャンプ2005年13号【こち亀&ワンピ、億突破】

 今週の週刊少年ジャンプの巻頭カラーは連載1400回&1億3千万冊突破の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
 こち亀は巻頭カラーになるとお決まりのように、子供時代の下町物語ですね。今回は的屋の女の子のお話。

 『ONE PIECE』も1億冊突破で両さんとともにルフィが表紙に。
 フランキーの回想。船について各々の想いを示すトム・アイスバーグ・フランキー。
 この回想もあと1〜2回ぐらいでしょうか?自分の命と引き換えに2人の無実を主張するトム、トムの遺志を継ぎ設計図を守りながら船大工として大成するアイスバーグ、この事件が元で船を作ることを止めるフランキーという感じになるのでしょうか?
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 19:49| Comment(3) | TrackBack(8) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

週間ランキングについて考えてみた

 ちょっと考えてみると別に一個にまとめる必要はなかったのではないかと…。元々は、売れてる本にちょっとコメントつけれるからということでランキングがいいなと思った訳ですが、別に変な集計とる必要なかったように感じましたので、少し変更してみます。

Yahoo!ブックス PHP研究所 トーハン調べ 2005/2/23
1.『ツバサ(9)』CLAMP
2.『魔法先生ネギま!(9)』赤松健
3.『エア・ギア(9)』大暮維人
4.『犬夜叉(39)』高橋留美子
5.『DEAR BOYS ACT2(18)』八神ひろき
6.『ONE PIECE(36)』尾田栄一郎
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 02:45| Comment(2) | TrackBack(3) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

週刊少年サンデー2005年13号【吾郎帰国!!】

 今週の週刊少年サンデーの表紙&巻頭カラーは『MAJOR』
 吾郎が一時帰国ということで、ひさしぶりに清水さんや小森くん、吾郎母が登場しました。このまま、メジャーに昇格して終了してしまうのかと思っていたのですが、まだ、新展開があるようです。最後のコマで野球W杯のニュースが登場。ここまで長期の作品なのでギブソンと対決して終了というのも、普通にやってしまうと弱いような気もしていたので、W杯っていうのはいいかもしれません。再び、寿君とのバッテリーが見れるかもとか、眉村とのエース争いとかあるんだろうかとか、もしかして、監督は吾郎父かとか想像は膨らみます。新シリーズでは毎回、そのシリーズのヒロインが登場する訳ですが、どんなキャラが登場するのでしょうね。オリンピックなら清水さんがソフトボール代表という展開もありえるのですが・・・。今回の話が伏線であって、完結までに吾郎と清水さんの関係が進展してほしいですね。
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 03:31| Comment(1) | TrackBack(5) | 週刊少年サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

週刊少年ジャンプ2005年12号【新連載、魔人探偵脳噛ネウロ】

 今週の週刊少年ジャンプ、表紙&巻頭カラーは新連載の『魔人探偵脳噛ネウロ』。  以前、読切掲載されていた作品の連載化です。「謎に飢えた魔界の住人が地上の謎を求めて現れる」という設定はひじょうに面白いですね。初回で主要キャラの紹介を果たし、一つの事件を解決し、次回以降への展開「主人公の親の事件の謎」につなげたのはいい感じです。あとは、一つ一つの謎の質。それと『金田一少年の事件簿』や『名探偵コナン』のような長期連載にするためには、毎回、脇キャラと主要キャラをうまく使って一定水準以上の謎を維持し続けられるかでしょうね。『金田一』以降の推理物としては、魅力的な設定を持っている作品ですので、その推理自体の質さえなんとかなれば人気でるかもしれませんね。 続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 11:00| Comment(3) | TrackBack(7) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

勝手に週間ランキング【2/12〜2/18】

監督不行届
安野 モヨコ

おすすめ平均
あの、エヴァンゲリオンとハッピー・マニアの!
結婚したい、結婚に失望してる男女、この本にあつまれ〜♪
エヴァは乙女監督に作られた
安野モヨコがせまる庵野監督の素顔!
オタクは怖くなかった!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
1.『監督不行届』安野モヨコ
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 03:13| Comment(0) | TrackBack(4) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

背取り屋とは?

 東海地方のローカルな番組で土曜深夜に「ノブナガ」という番組があります。ペナルティのワッキーが出演していた人気コーナー「地名しりとり」が本になって、名古屋地方では本の売上ランキングのトップにあがったこともあり、深夜番組にしては人気があるようです。
 その番組内で、「顔を出しては言えない様々な裏話や、悩み事の相談、秘密の趣味などを匿名で語る電話のコーナー」があります。一部の方には、風俗関係の職業の方が登場し、出演者の小倉優子根本はるみが大人のおもちゃで遊ぶコーナーとしても有名らしいです。そういえば、絶対サポセン黙示録の方も出てましたねえ。
 さて、今週の電話コーナーに背取り屋の方が登場しました。「背取り」、AmazonのマーケットプレイスYahooオークションなどでネットでも話題になったこともあり、一応、言葉だけは知っています。続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 02:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

テレビドラマ「アタックNo.1」

福田沙紀がハードに挑戦!「アタックNo・1」主題歌(Yahoo!ニュース)
 4月から放映予定のテレビドラマ「アタックNo.1」の続報です。
 テレビアニメですら、本編のイメージとあわない曲が使われることが当たり前になっている状況で、「エースをねらえ」に続いて、旧アニメの曲が使われるというのは何か嬉しいですね。続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 13:30| Comment(3) | TrackBack(9) | ニュース・最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

ちばてつやがわいせつ表現も必要と

ちばてつやさんが「わいせつ表現におおらかさを」Yahoo!ニュース
 松文館裁判の控訴審公判にちばてつやが証人として出廷し、
「漫画文化の発展のためには、時にはわいせつな表現も許容するおおらかさが必要だ」
と、訴えたそうです。  松文館裁判については、ネットでちょっと検索すれば、多くのサイトが見つかります。まず、その中で特にわかりやすくまとまっているものを紹介します。 続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 22:32| Comment(1) | TrackBack(2) | ニュース・最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

喪黒福造の弟、喪黒福次郎がトリビアに登場。

 2/16に放送のトリビアに喪黒福造の弟、喪黒福次郎が登場しました。
喪黒福次郎の仕事
藤子 不二雄A

文芸春秋 2000-01
売り上げランキング : 128,464


Amazonで詳しく見る by G-Tools
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 21:40| Comment(19) | TrackBack(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週刊少年サンデー2005年12号【KATSU!完結】

 今週の週刊少年サンデー、巻頭カラーは『焼きたて!!ジャぱん』
 東不在のまま、堤に挑む冠。店長はけっこう好きなキャラなので何気に目立つとけっこう嬉しい。そして、『ジャぱん』最大の見所、黒柳のリアクションに突入。堤のジャムを食べた黒柳のリアクションはジャムおじさ●。このネタはけっこう笑えました。

 『金色のガッシュ!!』
 魔物占いの結果は「ティオタイプ-負けず嫌いのしっかり者-」でした。
 キョンチョメの分身がキースとブザライを追い詰めます。この分身はキョンチョメらしく、制約の多い、使いどころの難しい術かと思ったのですが、今回を見る限りでは、リアルに強いですね。しかし、今回のシリーズは最初の敵からこの強さなので、キョンチョメもこのぐらい続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 20:00| Comment(11) | TrackBack(8) | 週刊少年サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

週刊少年ジャンプ2005年11号【ほったゆみ新連載ユート】

 今週の週刊少年ジャンプ、表紙&巻頭カラーは『ヒカルの碁』のほったゆみ原作、新鋭 河野慶 作画の新連載、『ユート』
 『ヒカルの碁』で高評価を得た原作者ほったゆみの原作を新鋭が得た訳で大チャンス。新鋭 河野慶には頑張ってほしいところです。初回を読んだ感じでは、背景まで丁寧に描いている印象は受けました。題材はスピードスケート。実際に読んで感じたことなのですが、この題材は予想以上に難しそうな気がします。今回は、レースシーンはまだないのですが、決められたコースを滑るだけのレースをいかに魅力的に描くのか、その表現が悪ければ一気に転落してしまいそうな気がします。『ヒカルの碁』も囲碁という珍しい題材だった訳ですが、この作品の場合は、スポーツ漫画としての評価を受けてしまうだけに難しいでしょうね。
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 10:56| Comment(29) | TrackBack(4) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

勝手に週間ランキング【2/5〜2/11】

チラシの裏にでも書いてありそうな企画ですが、勝手に週間ランキングです。
DEATH NOTE 5 (5)
大場 つぐみ 小畑 健

おすすめ平均
スゴイ・・・
相変わらず面白い。
松田さん大活躍
死と隣り合わせのチーム・ワーク
7巻になれば凄く面白くなる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.『DEATH NOTE(5)小畑健/大場つぐみ
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 04:58| Comment(1) | TrackBack(1) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

週刊少年サンデー2005年11号【桃ちゃんのバレンタイン】

 今週の週刊少年サンデー、巻頭カラーは『結界師』
 墨村と雪村の確執の原因とは何なのか?黒芒楼の企みとは?時音の良守に対する気持ちにも変化が生じ始めたようです。ここのところは裏会の話題中心でしたが、今回を境に再び、烏森を巡る物語が動き始めそうです。

 『金色のガッシュ!!』
 キョンチョメの運命は!?……新術習得でした。新術「ディマ・ブルク」は分身の術でした。幻惑系の術の多いキョンチョメにはぴったり。若干のギャグをはさみつつ、キョンチョメの反撃は始まりました。頑張れ、キョンチョメ!!

続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 18:53| Comment(1) | TrackBack(5) | 週刊少年サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週刊少年ジャンプ2005年10号【次号よりほったゆみ新連載】

 今週の週刊少年ジャンプ、巻頭カラーは『いちご100%』。
 正直に言うと、『いちご100%』にはついていけてません^^;たぶん、高校生ぐらいまでの頃に読んでいれば面白かったのかもしれませんが、老けてしまったためにこれの面白さはすでに分からなくなっています。今回は東城アヤに恋人疑惑浮上。その真相は次号以降に持ち越しです。

 『NARUTO-ナルト-』。
 カカシ先生対ナルト・サクラのコンビ。最終的には、オチがついた結論な訳ですが、ナルト・サクラの成長を示すためなら、正々堂々で勝たせてもよかった気もします。本当のバトルまでナルトとサクラの真価はお預けでしょうか。サクラは医療忍術だけでなく、戦闘能力も大幅に向上している模様。活躍する機会が増えそうですね。

 『DEATH NOTE-デスノート-』。
 もう一冊のノートが掘り出され、ミサにも死神の能力が戻りました。再び、死神の目の取引をしたミサ。Lの命を二人のキラが狙います。現状だけ見れば、月の思惑通りですが、Lは何かに気づいている模様。Lがどこまで真相に迫っていて、月&ミサにどういった対処をするのかが今後の見所でしょうか。

 『テニスの王子様』。
 ここまで引っ張ったということで、完全なかませ犬ではなかったようです。しかし、この相手だとリョーマが負けそうな気はしませんね。沖縄勢の実力を示し、次の試合の緊迫感を増す意味もあるのでしょうね。

 『ONE PIECE-ワンピース-』。
 フランキーの回想。当然、ルフィ・ナミたち麦わら海賊団は登場しません。海列車の夢を叶えたトムズ・ワーカーズの面々。兵器についての話がでていませんので、これで終わるはずもなく、次回以降は悲劇が待っているのでしょう。結局、死刑にされてしまうトム。いかにして、その設計図が弟子の手に受け継がれるのか。どういう決意の元、それを命がけで守ることになるのか。

 次号より『ヒカルの碁』の原作者、ほったゆみの新連載が始まります。スピードスケートということで、囲碁に続き、珍しい題材を扱うことになるようです。
DEATH NOTE (1)
大場 つぐみ

おすすめ平均
。。。。
久々に出た!ジャンプの超大作
手に汗握るおもしろさ!
最高!
最高級のサスペンス!!手に汗握る展開の数々!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by こみっくらぼ管理人エス at 10:57| Comment(64) | TrackBack(12) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

勝手に週間ランキング【1/29〜2/4】

おおきく振りかぶって (3)
ひぐち アサ

おすすめ平均
ネットで話題沸騰☆新タイプの野球漫画!
楽しい野球漫画。
野球はやっぱり面白い!
今回も楽しかったです
もっ最高です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.『おおきく振りかぶって(3)』ひぐちアサ
2.『フルーツバスケット(16)』高屋奈月
3.『名探偵コナン(48)青山剛昌
4.『真月譚月姫(2)』佐々木少年
5.『ふたりエッチ(27)』克亜樹
6.『風光る(17)』渡辺多恵子
7.『のだめカンタービレ(11)』二ノ宮知子
8.『GET LOVE!!〜フィールドの王(6)』池山田剛
9.『PAPUWA(6)』柴田亜美
10.『マリア様がみてる(3)』長沢智/今野緒雪
11.『蜜×蜜ドロップス(2)』水波風南
12.『BECK(21)』ハロルド作石
13.『RAVE(31)』真島ヒロ
14.『DEATH NOTE(5)小畑健/大場つぐみ
15.『そんなんじゃねえよ(6)』和泉かねよし
16.『M[エム]豪華装丁版』桂正和
17.『御緩漫玉日記(1)』桜玉吉
18.『金色のガッシュ!!(19)』雷句誠
19.『HUNTER×HUNTER(21) 』冨樫義博
20.『ケロロ軍曹(10)初回限定版』吉崎観音
21.『ハツカレ(4)』桃森ミヨシ
22.『龍鳳(1)』河惣益巳
23.『ふたりエッチ forLadies(2)』克亜樹
24.『ガラスの仮面(42) 』美内すずえ
25.『天上天下×Pinky:st.THE GREATEST TAG BOX Round 01:亜夜』
26.『幻想水滸伝V-運命の後継者(8)』志水アキ
27.『SAMURAI DEEPER KYO(30)』上条明峰
28.『B.O.D.Y(3)』美森青
29.『ブライトの憂鬱(2)』竹宮惠子
30.『Get Backers 奪還屋(28)』綾峰欄人
31.『ワーキングガールH。(1)』もんでんあきこ
32.『幻影博覧会(1)』冬目景
33.『薬師寺涼子の怪奇事件簿 東京ナイトメア(1)』垣野内成美/田中芳樹
34.『あひるの空(5)』日向武史
35.『ながされて藍蘭島(5)』藤代健
36.『KATSU!(15)』あだち充
37.『H2(3)ワイド版』あだち充
38.『主のおおせのままに』蔵王大志
39.『WORST(8)』高橋ヒロシ
40.『なんて素敵にジャパネスク 人妻編(1)』山内直実/氷室冴子
41.『ONE PIECE(36)』尾田栄一郎
42.『ワーキングガールH。(2)』もんでんあきこ
43.『D-LIVE!!(9)』皆川亮一
44.『年下の彼女(2)』甘詰留太
45.『僕たちは明日に向かって生きるのだ』蔵王大志
46.『おおきく振りかぶって(1)』ひぐちアサ
47.『かの人や月(2)』いくえみ綾
48.『H2(1)ワイド版』あだち充
49.『コイ茶のお作法(3)』桜城やや
50.『思い知れ。』佐倉ハイジ
51.『H2(34)』あだち充
52.『のだめカンタービレ(1)』二ノ宮知子
53.『天上天下×Pinky:st.THE GREATEST TAG BOX Round 02:真夜』
54.『H2(2)ワイド版』あだち充
55.『おおきく振りかぶって(2)』ひぐちアサ
56.『ジゴロ次五郎(12)』加瀬あつし
57.『はやて×ブレード(2)』林家志弦
58.『Oxide 2x キム・ヒョンテ画集』キム・ヒョンテ
59.『HELLSING(7)』平野耕太
60.『覇-LORD-(1)』池上遼一
61.『H2(6)ワイド版』あだち充
62.『NARUTO(26)』岸本斉史
63.『のだめカンタービレ(7)』二ノ宮知子
64.『Dreams(40)』七三太朗
65.『ドラゴン桜(6)』三田紀房
66.『Rozen Maiden(1)』PEACH-PIT
67.『殷周伝説(22)』横山光輝
68.『H2(30)』あだち充
69.『かぽーん(>_<)!』しがの夷織
70.『H2(25)』あだち充
71.『ファイブスター物語 2005EDITION(2)』
72.『裏ピーチガール(1)』上田美和
73.『死刑囚042(5)』小手川ゆあ
74.『NANA(3)』矢沢あい
75.『美!!(2)』織田綺
76.『東京赤ずきん(2)』玉置勉強
77.『舞-HIME(2)』キムラノボル/佐藤健悦
78.『ドラベース ドラえもん超野球外伝(8)』むぎわらしんたろう
79.『フィルムコミック ハウルの動く城(3)』
80.『LOVELESS(5)限定版』高河ゆん
81.『のだめカンタービレ(2)』二ノ宮知子
82.『H2(4)ワイド版』あだち充
83.『魔法先生ネギま!(9)』赤松健
84.『薬師寺涼子の怪奇事件簿 東京ナイトメア(2)』垣野内成美/田中芳樹
85.『NANA(2)』矢沢あい
86.『薬師寺涼子の怪奇事件簿 夜光曲』垣野内成美/田中芳樹
87.『トッキュー!!(5)』久保ミツロウ
88.『回転銀河(3)』海野つなみ
89.『サボテンの秘密(2)』春田なな
90.『機動戦士クロスボーンガンダム スカルハート』長谷川裕一/矢立肇/富野由悠季
91.『KAGATORA(6)』瀬上あきら
92.『カミヨミ(2)』柴田亜美
93.『tsunamix』海野つなみ
94.『知る辺の道』紺野キタ
95.『午前の光(1)』獣木野生
96.『チェンジング・ナウ』UMA
97.『村上かつら短編集(2)』村上かつら
98.『風華のいる風景(1)』大井昌和
99.『かしまし~ガール・ミーツ・ガール(1)』桂遊生丸/あかほりさとる
100.『らき・すた(1)』美水かがみ
posted by こみっくらぼ管理人エス at 11:41| Comment(2) | TrackBack(6) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

眞鍋かをりさんがブログで漫画喫茶体験談

あの有名な眞鍋かをりさんのブログ「眞鍋かをりのここだけの話」に漫画喫茶の体験談を発見。
眞鍋さんはお友達と漫喫に行って、「女帝」にはまった模様。しゃがみこんで読みふける写真が掲載されていました。

漫画喫茶は最近、行ってません。近場にいいとこがないんですよね。大学時代は通ってました。「はじめの一歩」や「こち亀」などの長編漫画を読みふけった記憶があります。
田舎にも、ドリンクバーとインターネットのある漫画喫茶できてほしいものです。
posted by こみっくらぼ管理人エス at 12:24| Comment(1) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週刊少年サンデー2005年10号【うえきの法則新シリーズ連載決定】

まず、『うえきの法則』のアニメ化情報と新シリーズ連載開始の告知がありました。アニメに関しては、植木・森・ロベルトの3キャラが公開されてますが、思っていたよりいい感じですね。マンガのキャラのイメージをよく表現していると感じました。注目の放送開始日は4月4日(月)夜6:30からテレビ東京系です。新シリーズに関しては、連載開始ということだけで詳細はまだですね。おそらく、アニメと時期的には近いところなんでしょうね。ちなみに、「気になるプチ紹介」ということで、「いやー、主人公があんなヒドい目に遭うとはねえ……」という担当さんの言葉が掲載されていたので紹介しときます。

巻頭カラーは、史上最高の弟子 ケンイチ
ラグナロクとの最終決戦。ハーミットvsバーサーカー。
作者の松江名俊はすごくうまくなりましたね。バトルシーンの迫力満点。元々、女の子も描けるだけに今後に期待が持てます。次号ではいよいよ大将戦!期待が高まります。

金色のガッシュ!!
キョンチョメのフラグは帰還フラグではなく、パワーアップフラグでしたね^^;変化系の術が中心のキョンチョメですが、「ディマ・ブルク」とはいかなる術なのか!?
ところですごく気になるのですが、このバトルステージはでっかい魔物の体の上?かなり荒れちゃってるし、今回の「ラージア・ガズン」とかかなり痛そうなんですが…。この魔物が覚醒した瞬間に急に痛がるとかいう展開はないのでしょうか?それとも、これは拘束具の上なのかな?

ワイルドライフ
まさか、あのキャラが復活するとは^^;桜坂助教授、1回だけのキャラじゃなかったんですね。ということは、瀬能さんもいよいよ盟央大編にからんでくるのでしょうか?
しかし、あれですね。事実無根にも関わらず、「究極の女たらし」と誤解される鉄生。既成事実は多々ありそうなのに、誰にも何も言われない陵刀。鉄生はやはり苦労を背負い込むキャラですね。

いでじゅう!
拉致されてる森さん、かわええ(・∀・)。林田と森さんはいい感じですね。林田の告白でいきなり結論を出すのでなく、とまどいつつも森さんの中で林田への気持ちが大きくなってるところを描くのは正解でしょうね。ここ数エピソードはずっとそういう展開でありつつも、しっかりとギャグを織り込んでいるのもさすがです。

からくりサーカス
藤田和日郎はさすがです。渋い男を書かせたら、少年漫画ではかなり上位でしょうね。うしとらの紫暮とかもよかったですが、今回の阿紫花とジョージはいいですね。
うえきの法則 16 (16)
福地 翼

小学館 2005-01-14
売り上げランキング : 6,506

おすすめ平均
とても面白いです。

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted by こみっくらぼ管理人エス at 12:10| Comment(1) | TrackBack(4) | 週刊少年サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私事

リアルでいろいろとあって、しばらく更新休んじゃいました^^;
もう完全に立ち直れたので、これから更新再開したいと思います。
今更ですが、先週分のサンデーのレビューからの分、書きますね。
posted by こみっくらぼ管理人エス at 11:24| Comment(2) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。