2005年03月11日

コミックランキング【PHP研究所・bk1・TSUTAYA】

PHP研究所コミックランキング トーハン調べ 2005/3/9
1.『20世紀少年(18)』浦沢直樹
2.『ベルセルク(28)』三浦建太郎
3.『BLEACH-ブリーチ-(16)』久保帯人
4.『D.Gray-man(3)』星野桂
5.『銀魂-ぎんたま-(6)』空知英秋
6.『ホムンクルス(5)』山本英夫
7.『アイシールド21(12)』[漫画]村田雄介/[原作]稲垣理一郎
8.『ホットギミック(10)』相原実貴
9.『僕は妹に恋をする(8)』青木琴美
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 02:17| Comment(1) | TrackBack(8) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

週刊少年サンデー2005年15号【ブリザードアクセル連載開始】

 少年サンデー15号、表紙は鈴木央の新連載『ブリザードアクセル』と『金色のガッシュ!!』。
 巻頭カラーの『ブリザードアクセル』。いきなり4回転半でました。最初でここまでしちゃうとこれからどうなるのでしょうか^^;ジャンプで連載していた『ライジングインパクト』は好きな作品だったのでこれからには期待してます。

 『金色のガッシュ!!』
 ガッシュの答えはある意味予想通りですが、少年誌でこういう王道は気持ちがいいですね。

続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 22:39| Comment(2) | TrackBack(5) | 週刊少年サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

何も言えない世の中になりそうです【人権擁護法案】

 人権擁護(言論弾圧)法案反対!

 以前から話題になっている法案ですので、皆さん、ご存知かと思うのですが、人権擁護法案についてです。法案自体の細かな内容に関しては、上記のブログが詳しいですよ。

 さて、この法案に対する私の意見は反対です。
 私が問題であると考えるのは、この法案によって罰せられる「差別」が厳密に定義されていないことです。
 例えば、放送禁止用語のようにこの言葉は差別用語だから使っちゃだめだよとはっきり示されていれば、それを使わないようにすることは可能です。しかし、この法案において続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 19:23| Comment(1) | TrackBack(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

週刊少年ジャンプ2005年14号【ブリーチ新展開】

 少年ジャンプ14号、表紙&巻頭カラーは、『ONE PIECE』 。
 今回ぐらいで回想終了と予想していたけど、まだ続きそう?フランキーは今回の大暴れで無法者の解体屋になるんでしょうね。海列車に特攻した怪我でサイボーグ化かな。ヨコヅナが海列車に突進する理由もここにあるんでしょうね。アイスバーグではなく、フランキーが設計図を持つことになるエピソードが描かれて回想終わりってとこでしょうか。この回想で、麦わら海賊団を抜けたウソップに心境の変化を与えて、戻るキッカケを作ると思っていたのですが、今更、そんなエピソード入りそうもないですね。現実のほうが大ピンチなだけに早くそっちの展開を見たい気がします。

 『BLEACH-ブリーチ-』
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 10:55| Comment(17) | TrackBack(3) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

コミックランキング【PHP研究所・e-hon・blogmap】

PHP研究所コミックランキング トーハン調べ 2005/3/2
1.『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-(9)』CLAMP
2.『犬夜叉(39)』高橋留美子
3.『魔法先生ネギま!(9)』赤松健
4.『スキップ・ビート!(9)』仲村佳樹
5.『仮面ライダーSPIRITS(7)』村枝賢一
6.『からくりサーカス(36)』藤田和日郎
7.『DEAR BOYS ACT2(18)』八神ひろき
8.『ホットギミック(10)』相原実貴
9.『エア・ギア(9)』大暮維人
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 17:24| Comment(18) | TrackBack(6) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

週刊少年サンデー2005年14号【新連載発表】

 巻頭で新連載2作品の発表がありました。その2作品を含めて、今後の週刊少年サンデーに関してちょっと語ってみます。
 私は週刊少年漫画誌の中では、サンデー派です。10年以上購読している訳ですが、ここ最近は面白い新人作家は誕生しているものの少し物足りない印象でした。あだち充高橋留美子という80年代からのサンデーの二枚看板は健在であるものの、その下で支えていた印象のあるゆうきまさみや石渡治、村枝賢一などがヤングサンデーなどの他誌へ活動の場を移してしまったからです。
 現在の連載陣を見てみましょう。現在、アニメが放映中の作品が、『名探偵コナン』『MAJOR』『金色のガッシュ!!』『焼きたて!!ジャぱん』の4作品。『犬夜叉』もこの間まで放映されていましたし、『MAR』のアニメ化も決定しています。
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 18:28| Comment(2) | TrackBack(5) | 週刊少年サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

週刊少年ジャンプ2005年13号【こち亀&ワンピ、億突破】

 今週の週刊少年ジャンプの巻頭カラーは連載1400回&1億3千万冊突破の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
 こち亀は巻頭カラーになるとお決まりのように、子供時代の下町物語ですね。今回は的屋の女の子のお話。

 『ONE PIECE』も1億冊突破で両さんとともにルフィが表紙に。
 フランキーの回想。船について各々の想いを示すトム・アイスバーグ・フランキー。
 この回想もあと1〜2回ぐらいでしょうか?自分の命と引き換えに2人の無実を主張するトム、トムの遺志を継ぎ設計図を守りながら船大工として大成するアイスバーグ、この事件が元で船を作ることを止めるフランキーという感じになるのでしょうか?
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 19:49| Comment(3) | TrackBack(8) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

週間ランキングについて考えてみた

 ちょっと考えてみると別に一個にまとめる必要はなかったのではないかと…。元々は、売れてる本にちょっとコメントつけれるからということでランキングがいいなと思った訳ですが、別に変な集計とる必要なかったように感じましたので、少し変更してみます。

Yahoo!ブックス PHP研究所 トーハン調べ 2005/2/23
1.『ツバサ(9)』CLAMP
2.『魔法先生ネギま!(9)』赤松健
3.『エア・ギア(9)』大暮維人
4.『犬夜叉(39)』高橋留美子
5.『DEAR BOYS ACT2(18)』八神ひろき
6.『ONE PIECE(36)』尾田栄一郎
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 02:45| Comment(2) | TrackBack(3) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

週刊少年サンデー2005年13号【吾郎帰国!!】

 今週の週刊少年サンデーの表紙&巻頭カラーは『MAJOR』
 吾郎が一時帰国ということで、ひさしぶりに清水さんや小森くん、吾郎母が登場しました。このまま、メジャーに昇格して終了してしまうのかと思っていたのですが、まだ、新展開があるようです。最後のコマで野球W杯のニュースが登場。ここまで長期の作品なのでギブソンと対決して終了というのも、普通にやってしまうと弱いような気もしていたので、W杯っていうのはいいかもしれません。再び、寿君とのバッテリーが見れるかもとか、眉村とのエース争いとかあるんだろうかとか、もしかして、監督は吾郎父かとか想像は膨らみます。新シリーズでは毎回、そのシリーズのヒロインが登場する訳ですが、どんなキャラが登場するのでしょうね。オリンピックなら清水さんがソフトボール代表という展開もありえるのですが・・・。今回の話が伏線であって、完結までに吾郎と清水さんの関係が進展してほしいですね。
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 03:31| Comment(1) | TrackBack(5) | 週刊少年サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

週刊少年ジャンプ2005年12号【新連載、魔人探偵脳噛ネウロ】

 今週の週刊少年ジャンプ、表紙&巻頭カラーは新連載の『魔人探偵脳噛ネウロ』。  以前、読切掲載されていた作品の連載化です。「謎に飢えた魔界の住人が地上の謎を求めて現れる」という設定はひじょうに面白いですね。初回で主要キャラの紹介を果たし、一つの事件を解決し、次回以降への展開「主人公の親の事件の謎」につなげたのはいい感じです。あとは、一つ一つの謎の質。それと『金田一少年の事件簿』や『名探偵コナン』のような長期連載にするためには、毎回、脇キャラと主要キャラをうまく使って一定水準以上の謎を維持し続けられるかでしょうね。『金田一』以降の推理物としては、魅力的な設定を持っている作品ですので、その推理自体の質さえなんとかなれば人気でるかもしれませんね。 続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 11:00| Comment(3) | TrackBack(7) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。