2005年02月20日

勝手に週間ランキング【2/12〜2/18】

監督不行届
安野 モヨコ

おすすめ平均
あの、エヴァンゲリオンとハッピー・マニアの!
結婚したい、結婚に失望してる男女、この本にあつまれ〜♪
エヴァは乙女監督に作られた
安野モヨコがせまる庵野監督の素顔!
オタクは怖くなかった!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
1.『監督不行届』安野モヨコ
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 03:13| Comment(0) | TrackBack(4) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

背取り屋とは?

 東海地方のローカルな番組で土曜深夜に「ノブナガ」という番組があります。ペナルティのワッキーが出演していた人気コーナー「地名しりとり」が本になって、名古屋地方では本の売上ランキングのトップにあがったこともあり、深夜番組にしては人気があるようです。
 その番組内で、「顔を出しては言えない様々な裏話や、悩み事の相談、秘密の趣味などを匿名で語る電話のコーナー」があります。一部の方には、風俗関係の職業の方が登場し、出演者の小倉優子根本はるみが大人のおもちゃで遊ぶコーナーとしても有名らしいです。そういえば、絶対サポセン黙示録の方も出てましたねえ。
 さて、今週の電話コーナーに背取り屋の方が登場しました。「背取り」、AmazonのマーケットプレイスYahooオークションなどでネットでも話題になったこともあり、一応、言葉だけは知っています。続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 02:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

テレビドラマ「アタックNo.1」

福田沙紀がハードに挑戦!「アタックNo・1」主題歌(Yahoo!ニュース)
 4月から放映予定のテレビドラマ「アタックNo.1」の続報です。
 テレビアニメですら、本編のイメージとあわない曲が使われることが当たり前になっている状況で、「エースをねらえ」に続いて、旧アニメの曲が使われるというのは何か嬉しいですね。続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 13:30| Comment(3) | TrackBack(9) | ニュース・最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

ちばてつやがわいせつ表現も必要と

ちばてつやさんが「わいせつ表現におおらかさを」Yahoo!ニュース
 松文館裁判の控訴審公判にちばてつやが証人として出廷し、
「漫画文化の発展のためには、時にはわいせつな表現も許容するおおらかさが必要だ」
と、訴えたそうです。  松文館裁判については、ネットでちょっと検索すれば、多くのサイトが見つかります。まず、その中で特にわかりやすくまとまっているものを紹介します。 続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 22:32| Comment(1) | TrackBack(2) | ニュース・最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

喪黒福造の弟、喪黒福次郎がトリビアに登場。

 2/16に放送のトリビアに喪黒福造の弟、喪黒福次郎が登場しました。
喪黒福次郎の仕事
藤子 不二雄A

文芸春秋 2000-01
売り上げランキング : 128,464


Amazonで詳しく見る by G-Tools
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 21:40| Comment(19) | TrackBack(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週刊少年サンデー2005年12号【KATSU!完結】

 今週の週刊少年サンデー、巻頭カラーは『焼きたて!!ジャぱん』
 東不在のまま、堤に挑む冠。店長はけっこう好きなキャラなので何気に目立つとけっこう嬉しい。そして、『ジャぱん』最大の見所、黒柳のリアクションに突入。堤のジャムを食べた黒柳のリアクションはジャムおじさ●。このネタはけっこう笑えました。

 『金色のガッシュ!!』
 魔物占いの結果は「ティオタイプ-負けず嫌いのしっかり者-」でした。
 キョンチョメの分身がキースとブザライを追い詰めます。この分身はキョンチョメらしく、制約の多い、使いどころの難しい術かと思ったのですが、今回を見る限りでは、リアルに強いですね。しかし、今回のシリーズは最初の敵からこの強さなので、キョンチョメもこのぐらい続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 20:00| Comment(11) | TrackBack(8) | 週刊少年サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

週刊少年ジャンプ2005年11号【ほったゆみ新連載ユート】

 今週の週刊少年ジャンプ、表紙&巻頭カラーは『ヒカルの碁』のほったゆみ原作、新鋭 河野慶 作画の新連載、『ユート』
 『ヒカルの碁』で高評価を得た原作者ほったゆみの原作を新鋭が得た訳で大チャンス。新鋭 河野慶には頑張ってほしいところです。初回を読んだ感じでは、背景まで丁寧に描いている印象は受けました。題材はスピードスケート。実際に読んで感じたことなのですが、この題材は予想以上に難しそうな気がします。今回は、レースシーンはまだないのですが、決められたコースを滑るだけのレースをいかに魅力的に描くのか、その表現が悪ければ一気に転落してしまいそうな気がします。『ヒカルの碁』も囲碁という珍しい題材だった訳ですが、この作品の場合は、スポーツ漫画としての評価を受けてしまうだけに難しいでしょうね。
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 10:56| Comment(29) | TrackBack(4) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

勝手に週間ランキング【2/5〜2/11】

チラシの裏にでも書いてありそうな企画ですが、勝手に週間ランキングです。
DEATH NOTE 5 (5)
大場 つぐみ 小畑 健

おすすめ平均
スゴイ・・・
相変わらず面白い。
松田さん大活躍
死と隣り合わせのチーム・ワーク
7巻になれば凄く面白くなる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.『DEATH NOTE(5)小畑健/大場つぐみ
続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 04:58| Comment(1) | TrackBack(1) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

週刊少年サンデー2005年11号【桃ちゃんのバレンタイン】

 今週の週刊少年サンデー、巻頭カラーは『結界師』
 墨村と雪村の確執の原因とは何なのか?黒芒楼の企みとは?時音の良守に対する気持ちにも変化が生じ始めたようです。ここのところは裏会の話題中心でしたが、今回を境に再び、烏森を巡る物語が動き始めそうです。

 『金色のガッシュ!!』
 キョンチョメの運命は!?……新術習得でした。新術「ディマ・ブルク」は分身の術でした。幻惑系の術の多いキョンチョメにはぴったり。若干のギャグをはさみつつ、キョンチョメの反撃は始まりました。頑張れ、キョンチョメ!!

続きを読む
posted by こみっくらぼ管理人エス at 18:53| Comment(1) | TrackBack(5) | 週刊少年サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週刊少年ジャンプ2005年10号【次号よりほったゆみ新連載】

 今週の週刊少年ジャンプ、巻頭カラーは『いちご100%』。
 正直に言うと、『いちご100%』にはついていけてません^^;たぶん、高校生ぐらいまでの頃に読んでいれば面白かったのかもしれませんが、老けてしまったためにこれの面白さはすでに分からなくなっています。今回は東城アヤに恋人疑惑浮上。その真相は次号以降に持ち越しです。

 『NARUTO-ナルト-』。
 カカシ先生対ナルト・サクラのコンビ。最終的には、オチがついた結論な訳ですが、ナルト・サクラの成長を示すためなら、正々堂々で勝たせてもよかった気もします。本当のバトルまでナルトとサクラの真価はお預けでしょうか。サクラは医療忍術だけでなく、戦闘能力も大幅に向上している模様。活躍する機会が増えそうですね。

 『DEATH NOTE-デスノート-』。
 もう一冊のノートが掘り出され、ミサにも死神の能力が戻りました。再び、死神の目の取引をしたミサ。Lの命を二人のキラが狙います。現状だけ見れば、月の思惑通りですが、Lは何かに気づいている模様。Lがどこまで真相に迫っていて、月&ミサにどういった対処をするのかが今後の見所でしょうか。

 『テニスの王子様』。
 ここまで引っ張ったということで、完全なかませ犬ではなかったようです。しかし、この相手だとリョーマが負けそうな気はしませんね。沖縄勢の実力を示し、次の試合の緊迫感を増す意味もあるのでしょうね。

 『ONE PIECE-ワンピース-』。
 フランキーの回想。当然、ルフィ・ナミたち麦わら海賊団は登場しません。海列車の夢を叶えたトムズ・ワーカーズの面々。兵器についての話がでていませんので、これで終わるはずもなく、次回以降は悲劇が待っているのでしょう。結局、死刑にされてしまうトム。いかにして、その設計図が弟子の手に受け継がれるのか。どういう決意の元、それを命がけで守ることになるのか。

 次号より『ヒカルの碁』の原作者、ほったゆみの新連載が始まります。スピードスケートということで、囲碁に続き、珍しい題材を扱うことになるようです。
DEATH NOTE (1)
大場 つぐみ

おすすめ平均
。。。。
久々に出た!ジャンプの超大作
手に汗握るおもしろさ!
最高!
最高級のサスペンス!!手に汗握る展開の数々!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by こみっくらぼ管理人エス at 10:57| Comment(64) | TrackBack(12) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。